こちらの続き

あの時に着てた服は、その日のうちに全部捨てました…
大切な思い入れがある服だったのです。
仕方がありません。


相手の組織と過去に何があったのか詳しくはわかりません。
後で少し聞いただけです。
流れで耳に入ったようなものですから・・・


それから10年以上経った頃も冷たい戦争は続いてました。

d7bc619a.jpg


上っ面だけの付き合い
面倒だけど、よくあること。

女の世界だけでなく、男の世界でもある
それを身に沁みて感じました。


組織で行われたイベントの後
お酒の量がかなり入ってる人もいました。

私が喧嘩の仲裁に入った時のことです。
A組長とT組長の女房
二人共、酔ってるのだから放っておけばよかった・・・



揉め事があると収めたくなる性格
それでなくても極道は平和な社会ではないのに・・・

「今日は楽しい日なので喧嘩はやめましょう。」

それしか言ってません。
何と矛先は私に…



A組長「●●の姐(ねぇ)だろ
俺は●●なんて関係ねえんだ!呼ぶなら呼べよ」

信じられない発言。


私「は~っ?」
年上だろうと納得がいかず、流石にキレました…
キレて当然です。


私「今の言葉どういうつもりで吐いたのよ! 」
向こうも喰ってかかって来たのです。
周りにいた各組の若い衆達が止めに入りました。



外で待っていたうちの若い衆も飛んで来ました。
私に罵声を浴びせた組長に

「うちの姐さんに何するんですか!」



自分の親分の姐を守るのも若い衆の役目
何も言わなくてもわかります。 ファミリーですから。

若い衆も相手の態度に腹が立ち、段々と言葉使いが荒くなりました。
それも当然のことです。

大人気なく喧嘩売ってきてるのは向こうですからね。

ぐちゃぐちゃになった店内

私もよく知ってる他所の組の若い衆さんが

「姐さん、外に出ましょう。お願いします。

A組長は酔うと達悪いんで…」



冷静に言ってくれましたが、私の中では収まりが付かず、

「言いたいことがあるんだったら正々堂々と、うちの旦那の前で言いなさいよ」

本人の前で言えるわけがない。
真の怖さを知ってるからです。



みんなは早くその場から出そうと必死でした。
途中で逃げるようなマネはしたくなかった。
何も悪いことしてないのだから


私を守ろうとした若い衆に、その組長は

「おまえ覚えておけよ!只で済むと思うなよ!

ケジメだからな。指落として持ってこい!」



私「関係ないでしょ!うちの若い衆が何したっていうのよ!」
ありえない。

理不尽すぎる…
汚い・・・

だいたいが酔っぱらったT組長の女房とA組長の喧嘩の仲裁に入っただけ。
ずるい事に、その女房は自分に関係ないかのようなフリ

逃げるように去りました。


いつも私の名前を使っては、ホストクラブで飲み歩いてるT組長の女房…
最後にケツを持つのは、いつも私

知らないの旦那だけ
他のみんなは知ってるのに・・・

ごめんねの一言もない
火種を作る人間はいつも決まってます。



自分のケツは自分で拭くもの。
それが出来ないなら自分の旦那に助けてもらえばいい

それが裏の世界というもの

その旦那に甲斐がないからでしょうか


口先だけは達者で、その場かぎり
裏では自分の都合のいいようにしか言わない人間達

それを真に受けるほうもどうかしてる・・・



それも歌舞伎町という暗黒街

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇





姐さん「任侠」記 (宝島SUGOI文庫)/石原 まい子

赤と黒の履歴書★女社長の裏人生-石原まい子

¥590

Amazon.co.jp



姐さん「任侠」記/石原 まい子

赤と黒の履歴書★女社長の裏人生-姐さん「任侠」記

¥1,365

Amazon.co.jp

書店・アマゾン などでご購入頂けます。

文庫本は⇒コチラ

単行本は⇒コチラ

バナー 赤と黒の履歴書