元極妻の隠された幼少期

元極道(親分)の妻ですが現在は静かな生活を娘と送っております。 幼少期から現在までを書いていきます。 時々つぶやき。時々晴れ雨曇り★ これは石原まい子の裏ブログです。 誰も読まないでください。

親友

ショック

こちらの記事の続き。

朝早く一本の電話が鳴りました。
出たのはお母さん
何か様子が変…

「まい子、大変よ。エミちゃんのお父さんが…自殺したって…」

私「エミちゃんの所に行ってくる。」
お母さんからは止められた…

今は行かないほうがいい
私は前の日も変わらず、エミちゃんの家に遊びに行っていました。
私が好きな海老を多めに入れてくれた天丼

ご飯は少なめで。
好きなだけ食べなさい
遠慮しなくていいから。

夕飯はエミちゃんと一緒でした。
1ヶ月に何回かは泊まりに。

あの時、五百円もらいました。
今とはお金の価値がちがいます。

40年近く前

「おじさん、こんなにいいよ。持ってるから大丈夫」
「いいから、しまっておきなさい。」

これが最後の会話でした。

お通し


もしあの時、私が泊まっていたら…
死ななかったのかな…

何があったのか分かりませんでした。
何で…何で…

お母さんに内緒でエミちゃんの家まで走りました。
そしたら、パトカーや救急車が止まってました。

エミちゃんの姿が見えない
商店街は人の山
私は中に入る勇気がなかった…

家に戻ったらお母さんは電話中

後で聞いた詳しい話。
朝、エミちゃんのお姉ちゃんが一階のトイレに入って、扉を開けたら…
おじさんが首を吊っていたらしい…


それを聞いてショックだった…
私よりエミちゃんやお姉ちゃん、おばさんは立ち直れないぐらいショックなはず…

御通夜、御葬式には学校の友達みんなで行きました。
ずっと泣いているエミちゃんとお姉ちゃん
声をかけられなかった…

遺影の写真は、いつも優しいおじさんの笑顔
涙が止まらない…

家族がいるのに何で死んじゃったの…
悲しすぎる…

みんなで遊園地やプールにも行って楽しかったのに…
しばらくして、エミちゃんの家は売りに出されてました。

学校にも来ない
電話しても繋がらない
どこにいるのか分からない…

何も言わないでいなくなってしまった…
あれだけ仲良しだったのに…

私はどうしてもエミちゃんと連絡が取りたくて探し回りました。
商店街のお魚屋さん、隣のサンドイッチ屋さん、八百屋さん、裏のお家まで。

みんな仲がよかったはず
それなのに誰も居場所も連絡先も分からない…

1人で毎日のように聞いて回った。
何か手がかりがあるはず。

続く

表のブログ
 ↓↓↓
バナー 赤と黒の履歴書


姐さん「任侠」記 (宝島SUGOI文庫)
姐さん「任侠」記 (宝島SUGOI文庫)

大親友

小学校一年生からの大親友エミちゃん。
エミちゃんとは毎日一緒に遊んでました。

お家も近くて学校が終わったあとはすぐにエミちゃんの所に。
一緒にいない日は無いぐらい仲良し。

エミちゃんの家は商店街にあり、一階でお父さんが天ぷら屋さんを経営。

よくごちそうになってました。
とても美味しいんです。

エミちゃんには3つ上の綺麗なお姉ちゃんもいてバレエを習ってました。
まるでモデルさんみたい。

モテモテのお姉ちゃん
エミちゃんと喧嘩してるときは怖いお姉ちゃんに変身

私もお兄ちゃんとはよく喧嘩してましたからね。
気持ちがわからないでもない・・・

それでも仲良し姉妹
美人のお姉ちゃんに可愛いエミちゃん

私にもバレエを優しく教えてくれました。
エミちゃんには厳しかったです・・・
さすが姉妹

バレエのコンクールが近付いてくるとイライラしてるのがわかります。
そんなときはエミちゃんのお姉ちゃんには近寄りません。

練習姿はウットリするほど素敵。
白鳥の湖を踊ってるときは、まるで白鳥そのもの

将来はバレリーナになりたいと言ってました。
きっとこのお姉ちゃんなら夢を叶えられる
そう思ってました。


私も練習に参加するときは楽しくて楽しくて。。
当時はCDなんてない時代
レコードとカセットテープで曲を流します。


バレエをやってる2人はガニマタ。
私は内股・・・
練習してるうちに内股も直るかと思ってました。

バレエをやってる人はみんなガニマタ
姿勢は抜群にいい
歩き方もきれい。

練習は30分もすると汗だく
つま先が痛くて痛くて・・・・

すぐに弱音を吐きました。

あとは公園で遊んだり、駄菓子屋さんに行ったりしてました。
近くの神社はみんなの遊び場

ゲームなんかで遊ぶことはなかった。
というより、ゲームなんか置いてる家はない

ブランコやシーソー
砂場でお団子作り
とても上手に出来ます。

でも食べられません。
砂で固めてるだけなので。
仕上げがキレイな白い砂をまぶして出来上がり!

意外とコツコツした作業
上手に出来るまで黙々と作り続けます。

食べたフリ
美味しい~
素直な幼少期

エミちゃんの両親は私のうちと違って厳しくない
優しすぎるぐらい。

私にまでお小遣いをくれました。
しかも頻繁に。

うちのお母さんはその度にお礼の電話
そして家族でエミちゃんのお店に天麩羅を食べに行ってました。

お金を払おうとするうちの親
お金を受け取らないエミちゃんのお父さん

無理矢理に渡してたのを覚えてます。

お小遣いくれたりしてるから、お金持ちなのかと思いきや…
あとで聞いたら借金してたようです。

子供の私は知らなくもよいこと。
なにで借金してたか、そんなことは聞きたくもなかった・・・

私はエミちゃんがいるから楽しい毎日を過ごすことができてたわけだし
大人の事情は興味ない

他の友達とちがうのは、とにかく学校をよく休んでました。
平日に遊園地など家族で行ってたみたいです。

理由は平日のほうが空いてるから
確かに・・・・

午前授業のとき、帰り道でエミちゃん家族とばったり遭遇。
驚いてたのはエミちゃんの親

見つかってしまった
そんな勢い・・・

タクシーに乗り込もうとするときに、「まい子ちゃんも一緒に行きましょう」
私はウンもスンも言わずに乗る羽目に・・・

エミちゃん家族とタクシーで遊園地
ドキドキ
家に電話しないと怒られる・・・・


途中で公衆電話から報告。
お母さんもビックリ。

私は子供の頃、遊園地に行った記憶が少ない…

仕事一筋のお父さん
夏は家族で海に行ったりしましたけどね。

エミちゃん家族とは大の仲良しでした。
夕飯時の赤出汁が美味しくて。。
ごちそうになってばかり。



エミちゃんの誕生日パーティーも豪華
全部手作り
大きな大きなケーキが用意してありました。

1万円のケーキ


こんな大きいケーキがあるんだ・・・
すごい!

やっぱりエミちゃんのお父さんもお母さんも優しい
こんなお家の子供になりたかったな・・・

そんなふうに思ってました。
欲しい物は何でも買ってもらえる

どこにでも連れて行ってもらえる
お小遣いもたくさんもらえる

もらえる放題
わ~い

隣の芝生はよく見える

あとで聞いた話
エミちゃんのお母さんは大のパチンコ好き。

そういえば、早い時間はいないときが多かった・・・

どこへ行ってるのか気にしない
只、髪のセットとお化粧はバッチリ。
話し好きで社交的でした。


エミちゃんのお父さんは静かな人で、あまり余計なことを話さない。
そのお父さんが・・・

続く



姐さん「任侠」記 (宝島SUGOI文庫)
姐さん「任侠」記 (宝島SUGOI文庫)

姐さん「任侠」記
姐さん「任侠」記

バナー カクテル

livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
Twitter プロフィール
極道(親分)の女房の実録記事。宝島社より”姐さん「任侠」記”好評発売中。現在は、作家、モデル、任侠カウンセラー、いじめ撲滅ジャーナリスト・介護士。夢は果てしなく続きます!実現させるのが夢。人は独りではないですからね。心を強く持ちましょう。
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ