元極妻の隠された幼少期

元極道(親分)の妻ですが現在は静かな生活を娘と送っております。 幼少期から現在までを書いていきます。 時々つぶやき。時々晴れ雨曇り★ これは石原まい子の裏ブログです。 誰も読まないでください。

極道

窓なし、ドア無し、天井ありの中学校に消防車とパトカー出動

こちらの記事の続き

冬はストーブだったというかことは前の記事で書きました。
昭和の良き時代 

先生は基本的に嫌われ者的な扱い
でも、教室にあるストーブは人気者。
人気物。。


ヤクザの準構成員みたいな、やんちゃだらけ生徒の集まり。
ニグロやパンチは普通…
もちろん男子。

女子はカーリーヘア、他いろいろ。
お洒落な先輩はサーファーヘア
ツッパリですが、やはり顔はきれい

ワルの基本でしょうか。
美奈子先輩も綺麗でしたから。
顔は親のおかげ。


学年でも特別なワルが、寒い寒いと大騒ぎ。
誰のせいだと思ってるの?
寒いのは、あんた達が全部のクラスの廊下側ドア、 そのガラス窓を割ったから…


ストーブがついていても寒いのは当たり前。
隙間だらけなんてものじゃありません。

壁でさえ穴は開いてる。
ドアは壊されてる。
まともにあるのは天井ぐらい。


あまりの寒さに、段ボールをガムテープで窓の代わりにふさいでました。
頭を使って出た行動が単純。

変な学校・・・
挙げ句の果てには、教室の窓ガラスまで割って…
何を考えてるんだか。
おもしろいと思うのがおもしろくない。

カバ


みんな震えてました。
怖いのではなく、寒いからです。
マフラーして手袋したまま。

勉強する生徒も2割ぐらいでしたからね。

ワルの基本。
学ランの内側が赤と紫のサテン、そしてお決まりの龍の刺繍。
そのメンバーが集まり、何をしたかというと…

焚き火だと言い出して、ストーブの火でいろんな物を燃やし出しました。
授業という授業は無いに等しかったので、やり放題。

そしてまさかの事態に…
火の粉が教室のカーテンに飛び移ったんです。
一瞬の出来事。


あっという間に火の海寸前・・・
焦ってる人は居たような、いなかったような。

”あっ燃えてる ”
ある1人はアホなのか笑ってました。
笑い事ではない・・・


非常ベルは毎日鳴っていたので、誰も気にしません。
鳴りっぱなしの学校。
先生も、いつものイタズラかと思ってたんでしょうね。


そのうち、消防車と救急車のサイレンが鳴り響きました。
ヤバイでしょう・・・・

周りにいたみんながバケツで水をかけて消火活動。
消防隊員なみ。


やった人間は逃走。
逃げ足だけは速い。
とはいっても、校庭から見上げて笑顔の犯人。


そんな事があってからは、真冬の寒いときでもストーブ禁止。
最悪・・・・
カーテンは燃えて無くなってるし…

自分達で用意しなさい!と先生達は激怒
誰もが知らんぷり。

窓を開けなければ冬場ならカーテンは必要ない。
それが・・・窓も割れてたんです。

何度も新しい窓を取り付けても割ってしまう者がいる
窓なし、ドア無し、教科書なし。

机や椅子も校庭に投げる遊びが流行ってました。
水風船は投げ放題。

何故あのとき、燃えて大変な事になったのに・・・
ニュースで取り上げられなかったのでしょう。

もしかして、ニュースになっていたのかもしれませんが、
今のようにパソコンも携帯もなかったので知らないだけだったのかも・・・

事件ばかり起こしてた数人のワルは数年前、久しぶりに電話で話したら、私に敬語でした。
大人になったから?
散々、私と喧嘩して揉めた人間K野


MやKは組織に入って破門。
その後も新聞で見かけました。
もちろん悪いニュース。


人間は時と共に変わるものです。
地元で噂を聞いたようです。
私が極道の妻(組長の女房)という事。

それで態度が変わったのでしょう。
男のくせに・・・


その人間と電話を繋げた友人
その友人は某組織の親分と付き合いがある極道。

現在は長い懲役生活を送ってます。

今でも親友です。

ある事件により堅気に。

古い付き合いです。


生きて出所してください。
刑務所の中で死なないように。

石原まい子


姐さん「任侠」記 (宝島SUGOI文庫)
姐さん「任侠」記 (宝島SUGOI文庫)

姐さん「任侠」記

姐さん「任侠」記

単行本は⇒コチラ

文庫本はコチラ


歌舞伎町の裏側2

こちらの続き

あの時に着てた服は、その日のうちに全部捨てました…
大切な思い入れがある服だったのです。
仕方がありません。


相手の組織と過去に何があったのか詳しくはわかりません。
後で少し聞いただけです。
流れで耳に入ったようなものですから・・・


それから10年以上経った頃も冷たい戦争は続いてました。

d7bc619a.jpg


上っ面だけの付き合い
面倒だけど、よくあること。

女の世界だけでなく、男の世界でもある
それを身に沁みて感じました。


組織で行われたイベントの後
お酒の量がかなり入ってる人もいました。

私が喧嘩の仲裁に入った時のことです。
A組長とT組長の女房
二人共、酔ってるのだから放っておけばよかった・・・



揉め事があると収めたくなる性格
それでなくても極道は平和な社会ではないのに・・・

「今日は楽しい日なので喧嘩はやめましょう。」

それしか言ってません。
何と矛先は私に…



A組長「●●の姐(ねぇ)だろ
俺は●●なんて関係ねえんだ!呼ぶなら呼べよ」

信じられない発言。


私「は~っ?」
年上だろうと納得がいかず、流石にキレました…
キレて当然です。


私「今の言葉どういうつもりで吐いたのよ! 」
向こうも喰ってかかって来たのです。
周りにいた各組の若い衆達が止めに入りました。



外で待っていたうちの若い衆も飛んで来ました。
私に罵声を浴びせた組長に

「うちの姐さんに何するんですか!」



自分の親分の姐を守るのも若い衆の役目
何も言わなくてもわかります。 ファミリーですから。

若い衆も相手の態度に腹が立ち、段々と言葉使いが荒くなりました。
それも当然のことです。

大人気なく喧嘩売ってきてるのは向こうですからね。

ぐちゃぐちゃになった店内

私もよく知ってる他所の組の若い衆さんが

「姐さん、外に出ましょう。お願いします。

A組長は酔うと達悪いんで…」



冷静に言ってくれましたが、私の中では収まりが付かず、

「言いたいことがあるんだったら正々堂々と、うちの旦那の前で言いなさいよ」

本人の前で言えるわけがない。
真の怖さを知ってるからです。



みんなは早くその場から出そうと必死でした。
途中で逃げるようなマネはしたくなかった。
何も悪いことしてないのだから


私を守ろうとした若い衆に、その組長は

「おまえ覚えておけよ!只で済むと思うなよ!

ケジメだからな。指落として持ってこい!」



私「関係ないでしょ!うちの若い衆が何したっていうのよ!」
ありえない。

理不尽すぎる…
汚い・・・

だいたいが酔っぱらったT組長の女房とA組長の喧嘩の仲裁に入っただけ。
ずるい事に、その女房は自分に関係ないかのようなフリ

逃げるように去りました。


いつも私の名前を使っては、ホストクラブで飲み歩いてるT組長の女房…
最後にケツを持つのは、いつも私

知らないの旦那だけ
他のみんなは知ってるのに・・・

ごめんねの一言もない
火種を作る人間はいつも決まってます。



自分のケツは自分で拭くもの。
それが出来ないなら自分の旦那に助けてもらえばいい

それが裏の世界というもの

その旦那に甲斐がないからでしょうか


口先だけは達者で、その場かぎり
裏では自分の都合のいいようにしか言わない人間達

それを真に受けるほうもどうかしてる・・・



それも歌舞伎町という暗黒街

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇





姐さん「任侠」記 (宝島SUGOI文庫)/石原 まい子

赤と黒の履歴書★女社長の裏人生-石原まい子

¥590

Amazon.co.jp



姐さん「任侠」記/石原 まい子

赤と黒の履歴書★女社長の裏人生-姐さん「任侠」記

¥1,365

Amazon.co.jp

書店・アマゾン などでご購入頂けます。

文庫本は⇒コチラ

単行本は⇒コチラ

バナー 赤と黒の履歴書

ドンパチうるさい運動会

子供なら誰もが楽しい運動会。
前日には嬉しくて眠れない

雨が降って中止になればいいのに・・・
そう思ってる子供
私はあいにく、運動会が嫌いでした。


何故なのか・・・・
全てが憂鬱…
運動会の準備も練習も、何一つ面白いとは思わなかった…

そもそも体操着に着替えるのがイヤでしたね。
隠れながら着替えるみたいな・・・

可愛い体操着なら少しは気分がちがうかもしれません。
上が白で紺色のブルマ
恥ずかしい・・・

それを運動会で着ること自体が変な気持ち
私だけでしょうか・・・

敢えて言うなら飾る花を作るのは好きなほうでした。
女子の役割
薄紙で作った紅白の花

牡丹のようで牡丹じゃない
薔薇のようで薔薇じゃない
菊のようで菊じゃない


あれはいったい何の花なんでしょう。
コツコツと花を作り続けること数時間×数日=数百個

運動会の練習をするよりはマシでした。
器用なほうではないので、あまり綺麗な花にはならなかった・・・

上手な友達は早くて綺麗
わ~。キレイな花。
すごい上手。

褒めまくり
上手に出来て”うらやましい”とか思う性格ではなかった。

只、作るのが遅いため、器用な子から嫌味を言われたのです。
これしか出来てないの?
綺麗じゃないからみんなで作り直そう!とか・・・

それを聞いても言い返すことはなかった。
その場の冷たい雰囲気が嫌で、教室から出る羽目に・・・

運動会のお昼も苦手。
今みたいにキャラ弁なんてないし。
お弁当は好きじゃない。

あの時の思いが・・・・

キャラ弁


リレー・徒競走、一番嫌いな種目です。
マラソンも嫌いでしたからね・・・
練習なんかしても、速い人は決まってます。

どうせリレーの選手には選ばれるわけがない…
自分が一番よくわかっている。

思いっ切り走っても途中でドンドン抜かれて行く。
短距離は得意なほうです。
私にとって100mは長距離。

性格が短期集中型。
短気ではなく短期

運動会の徒競走・リレーで掛かる音楽が最悪…

タンタンターン タンタンターン
タンタンタンタンタン
タッタラタッタ タッターター
ターラ ターラ ターラ タタタ♪

楽しそうな音符マーク
実に楽しくない・・・・
何であの音楽なのかな・・・

身体によくない
先生が手にしてるピストル(チャカ)
尋常じゃない程うるさい。


パンパンパンパンと音が耳にこびりつく。
心臓にいいわけがない
「ヨーイドン」の掛け声
それだけで良かったのに…


小学校時代
一等になった記憶がありません。
二等ならラッキー


早く終わらないかな…
そんなことばり考えてました。

運動会は私に向いてない
勝手に決めつけてました。

でも、本当は1度でもいいからリレーの選手をやりたかった
補欠でもいいから・・・
心の声が届くことはありませんでした。


追記
練習が厳しいなんてものじゃありません。
出来ないと殴られてましたから
クラスのみんなも怯えてました。

居残りは当たり前
反抗する生徒なんていません。
勇気ある行動に出たら大変なことに・・・


毎日のように、顔をひっぱたくか、グーで頭を殴るんです…
ストレス発散の場が学校だったのでしょうか。

小学生を殴る
私達は親よりも怖いと思っていました。
親も怖いのに・・・

先生に嫌われていた子は1日に何発も何十発も殴られてました。
誰も止めることはできません。

その子は耐えてましたが、いつの頃か転校してきました。

今の時代とは違って殴られても、親には言いません。
私は何故か先生には好かれてました。


好かれるような事は何一つしなかったんですけどね
担任が代わることを誰もが祈ってました。

なんと2年連続、同じ先生に・・・・

思うようにならないのが人生です。

★★★★★

極道の世界に入ってから、何丁も並べたチャカを見ても怖いと思いませんでした。

弾いた音は…何度聞いても好きじゃありません。

耳を塞ぐことはなかったです。

ドンパチは戦争ですからね。
緊張と不安が過ります。
弾いた音を聞かなくなった現在、ようやく静かな生活を送れるようになりました。


石原まい子


姐さん「任侠」記 (宝島SUGOI文庫)
姐さん「任侠」記 (宝島SUGOI文庫)

姐さん「任侠」記
姐さん「任侠」記


バナー カクテル

livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
Twitter プロフィール
極道(親分)の女房の実録記事。宝島社より”姐さん「任侠」記”好評発売中。現在は、作家、モデル、任侠カウンセラー、いじめ撲滅ジャーナリスト・介護士。夢は果てしなく続きます!実現させるのが夢。人は独りではないですからね。心を強く持ちましょう。
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ