元極妻の隠された幼少期

元極道(親分)の妻ですが現在は静かな生活を娘と送っております。 幼少期から現在までを書いていきます。 時々つぶやき。時々晴れ雨曇り★ これは石原まい子の裏ブログです。 誰も読まないでください。

花札と麻雀と怪しい臭いがする教室

こちらの記事の続き

昔は各教室に大きなストーブがありました。
今みたいなシャレた暖房器具など置いてません。
電気ストーブもなかった・・・


漫画に出てくるような昔のストーブ。
やたら大きい煙突みたいな物が付いてました。

触ると火傷します。
鉄で出来てますからね。

朝は寒いので最初に行く場所がストーブ前。
うんこ座りが当たり前の時代。
みんな得意です。

長いスカートは床の上
ある意味、スカートで掃除してるようなもの。

ちなみに東京都内の中学校です。
地球温暖化とはかけ離れ、あの頃の冬は寒かった・・・
極冷え。


給食の時間になると、食パンをストーブで焼いてました。
なかなかいいアイディア

教室中、香ばしい匂い。
その頃の給食は、やけに食パンが多かったのは何故でしょう。

鯖の味噌煮と食パン、牛乳、ゼリー
おかしな組み合わせ。
白いご飯のときが少ない。


戦時中でもないのに・・・
不味いパン。
それを少しでも美味しく食べれるようにしたのがストーブ。

暖まる物
それなのに、制服やスカーフ、ハンカチも燃えてました。
普通なら大騒ぎしてるはず。

そこが普通ではない学校。
クラスの大半は楽しそう・・・


誰もが楽しい給食の時間

残念賞はパンの名脇役
バターなら嬉しい。
私の嫌いなマーガリン・・・


それでも付けるものがマーガリンか、たまにイチゴジャム、マーマレード、ハチミツ。
どれもイマイチ。
それの繰り返し。 


数少ない献立の中で好きなものといえば、

一番目が生クリーム、

二番がカレーライス、

三番がクリームシチュー。

鯨(クジラ)のステーキは頻繁に出てましたが、嫌われてたメニュー。
硬い・・・
見た目もよくない。

今は高級品ですけど、給食に鯨が出るとご機嫌斜め…
食欲が失せます。


献立表に唐揚げ、食パン、生クリーム 、牛乳・ヨーグルト
そんな日には大喜び。
生クリームの登場でテンションが高くなります。

あんな事もありました。

毎日出てくる不味いマーガリンは見るのも嫌でした。
うんざり・・・
必要ないのに。


パンに生クリームは最高な一品。
考案者に賞をあげたいぐらい。

給食前に自分達のクラスが多くなるように、他のクラスの生クリームが入ったボールを持って来ちゃいます。

早めに・・・

給食は自由に食べます。
そこが小学校と違うところ。

好きなものだけ食べる。


食べたくなったら外にパンを買いに行きます。
誰の許可も取らずに。。

勝って気まま
外出し放題。

学校には原チャリや単車が置いてあります。
いい音がするものばかり・・・
卒業した先輩は改造車で遊びにきてました。

それで校内も走り回る同級生達。

免許は取ったつもり。

16歳からなんですけどね・・


イメージとしては免許持ち。

標識も意味が分かってます。


暴走族

食後は花札やトランプ、麻雀などで遊ぶのは日常茶飯事。
授業はやりたい人だけが、先生の側に机を持っていくわけです。

1クラス45人前後
6クラスありました。
勉強したい生徒は1クラスに10人ぐらい

あとのみんなは教室で煙草を吸ったり、シンナー吸ったりと、いろんな匂いが…
一番好きな匂いは、食パンをストーブで焼いたとき。

因みにシンナーは嫌いでしたのでやりません。

歯が無くなってる人は数知れず・・・

教室の匂い
今でも覚えてます。
身体によくない匂い


校庭は排気ガスの匂い
改造車の臭いです。
単車を、ふかしてる男子。

口元には缶。
当たり前の光景でした。

続く

姐さん「任侠」記
姐さん「任侠」記

姐さん「任侠」記 (宝島SUGOI文庫)
姐さん「任侠」記 (宝島SUGOI文庫)

文庫本は⇒コチラ

単行本は⇒コチラ

バナー 赤と黒の履歴書

トイレに呼び出された結末

こちらの記事の続き

兄は地元の中学には行かず、越境して普通の荒れてない中学へ。
私は離れたところには行きたくなかった。

通うのが大変という理由
もう一つは勉強。
レベルが高いところに行けば苦労するのは自分。

お母さんとは悪い中学には行かせたくないようでした。
最終的に決めたのは自分ですから。

レインボーアイス


入学して暫くした頃、先輩からの呼び出し。
一年生の数名が強烈に、ド迫力ある目立つ三年生から…
あぶない予感。


不思議とツッパリの先輩達の顔は綺麗な人が多い。
お化粧も上手くスタイル抜群。
みんなからは憧れの先輩。


憧れの先輩は喧嘩も強い。
勢いもある。
喧嘩慣れしていたのでしょう。

毎日のように喧嘩の嵐だった学校・・・

静かな時間はなかったですからね。


呼び出しの場所は、お決まりのトイレ。
うれしくない呼び出し・・・

トイレは綺麗とはかけ離れている。
掃除する人はいたような、いなかったような・・・


トイレの使い方が普通の学校とはちがいます。
悪さする者、ぶっとばすための場所


殴るは蹴るは・・・髪の毛まで引っ張り大忙しの先輩方。
痛いとかは言いません。

納得いかず最後まで謝りませんでした。
すみませんでした。と、謝れば終了。

私は、しめられたほうのがマシという感じでしたね。

その場にいた友達はサッサと謝ってました。


理不尽すぎて謝る気などありません。
逃げることなどしたくなかった。

有名な3年の先輩も恐いとは思いませんでした。
かっこいいとは思ってましたけどね。


その間、誰もその女子トイレには入ってくることが出来ません。
見張りが入口に何人も立ってます。

先生達も周りから騒ぎを聞いて駆け付けてきても出入り禁止。
廊下で先生と見張り数名が大喧嘩の大騒動。

暴れてる声や音が聞こえます。
そっちのほうが気になってましたね。


2つ上の先輩、三年生とはそれ以来、仲良くなりました。
ボコボコにぶっ飛ばされて仲良し。
そんな楽しい時代でした。



殴られて口から血が出ても痛いと思わなかった。
早く終わらないかな… 時間が気になる。
心の中で思っていたこと。



初めての煙草は中学一年のとき。
セブンスター、赤ラーク。

最初はゴホゴホ咳こんでたのを覚えてます。


特に美味しいとも思わない。
なんとなく・・・
タバコが学校のどこかに置いてあるから。


机や本棚の上などにも普通に並んでるタバコ
もちろん、先生は役目として見れば職員室に持って行ってましたけどね。


それを知ってる生徒達
そのすぐ後に職員室に回収しに行きます。

たばこ、、やめればいいのに…
興味本意と格好つけたかったんでしょう。私。
今みたいに軽い煙草なんてなかったですし、銘柄は数えられるぐらい少なかった。



三年生に認められると恐いもの無し。
根性ありと認定済。

何かあっても守ってくれたりしてくれました。
その代わり、一つ上の二年生とは合わなかった…
嫌い。



ほとんど二年生とは口も聞かず、挨拶もしません。
する気にもなれない・・・

弱いのに弱い者イジメとかしてる二年の先輩

1人だけ、有名な大不良な先輩とは仲が良かった。
幼なじみでしたからね。

小学校までは美奈子ちゃんと呼んでいたのに・・
中学に入ってからは、ちゃん付けでは呼べない。


それぐらい有名
でも私には変わらず優しかった。

美奈子ちゃんは両親に育てられていない・・
お祖母ちゃんに育てられていました。


美奈子ちゃんが親に捨てられたと知ったときから変わりました。
まさか優しかった美奈子ちゃんが、あんなにグレるとは・・・

毎日のように喧嘩ばかり
血だらけになったときは、涙が出そうになりました。

刃物を持って、先生と喧嘩
悔し涙を流していたのを見たことがあります。

幼い頃の話や親の話を周りには言わない
言いたくなったんだと思う。

同情されたくない
たぶんそんな気持ちだと思います。



後に、美奈子先輩がモデルになってました。
嬉しかった。

美人は喧嘩が強い。

強くならなくては・・
その頃から勝手な思い込みをしてました。



続く


姐さん「任侠」記
姐さん「任侠」記

姐さん「任侠」記 (宝島SUGOI文庫)
姐さん「任侠」記 (宝島SUGOI文庫)


バナー 赤と黒の履歴書



中学はセーラー服に機関銃


小学校を卒業して、いよいよ中学校。
ふふっ
新しい友達との出会いも楽しみの一つでした。
 
仲の良い友達とも離ればなれ。
不安も少々
なんせ荒れていた学校・・・

当時はテレビや新聞でもニュースになっていたぐらい。
校内暴力

教師との戦いは日常茶飯事
入学して間もないときは新鮮・・・
それも1週間で終了。


ありえない程のワルが大半の学校。
ドラマでやってるような事は甘い・・・
校内全てが落書きだらけ


上下関係が異常に厳しい
目を付けられたら最後

意味もなくしめられる
リンチ、生意気という言葉が飛び交った時期

一年生の時は担任に恵まれました。
熱血先生。
金八先生そのもの。


みんなで休みの日には先生の家に遊びに行ったり
楽しかった・・・

入学当時は純粋な気持ちだったはず。
そのうち変わっていくのです。

真面目だった子も・・・
そんな学校に染まるのも早い。

誰もが恐れる地域の学校
有名です。

今でも場所を言うと、悪いところだよね・・・・
それほど荒れてたのです。

入学するときに流行っていたスタイル…
男子はパンチパーマ、リーゼント、ニグロ
まるでヤクザ。

パンチパーマ


女子は茶髪、金髪、たまに脱色しすぎて白。
髪型は、カーリーヘア、リーゼント、たまにアフロ(笑)
アフロは勇気あるスタイル


3年の先輩(女子)はカッコよく決めてました。
無口で、誰も近寄らない・・・

一匹狼
女子ですけどね。


今のようにブレザーなんてない。
どこの学校もセーラー服
因みに公立。


セーラー服のスカートの長さ
床上10cm
超ロングのスカート。


上のセーラーは短いのがカッコイイ
普通の長さにしてるのは最初だけ。

はずかしいから、すぐに短く縫い付ける。
1年の間は短すぎても目を付けられるので注意。
上下関係は大切


袖は二回に折り、冬でも腕まくり。
セーラーの中に着てるのは色付きのTシャツ

程よく見えたときの色がお洒落と思ってた時期。
スカートは長いので、足も靴下も殆んど見えません。
夏は暑い。


ほんの少し見える靴下は紫や赤。
時にラメ入り。
白は汚れやすい。


男子の学ラン
刺青の和柄に似た感じの刺繍いり。
圧倒的に人気なのが龍。


お金をかけるところがちがう。
親からもらったお金?

学ランの内側は光沢のある素材。
紫と赤はお約束。

みんな、入学式は普通だったのに・・・
変わっていくのは時間の問題でした。 
既に狂ったように荒れてた中学校は更に荒れまくる。

それが私達の時代


続く



姐さん「任侠」記
姐さん「任侠」記

姐さん「任侠」記 (宝島SUGOI文庫)
姐さん「任侠」記 (宝島SUGOI文庫)


バナー 赤と黒の履歴書


livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
Twitter プロフィール
極道(親分)の女房の実録記事。宝島社より”姐さん「任侠」記”好評発売中。現在は、作家、モデル、任侠カウンセラー、いじめ撲滅ジャーナリスト・介護士。夢は果てしなく続きます!実現させるのが夢。人は独りではないですからね。心を強く持ちましょう。
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ